自社製 蹴りロクロ

自社製の「蹴りロクロ」を販売しています。

 

現在「試し蹴り」ができるように陶芸教室に設置しています。

ご検討の方は教室開催日にご予約の上、お越しください。

 

ロクロの高さ、蹴った時の感触など、ロクロの特徴がありますので、

実物をご覧いただいた方のみの販売としていましたが、

遠方の方向けに動画を作りました。↓(下段に動画あります)

 

こちらをご覧いただきご理解いただけましたら販売させていただきます。

 蹴りロクロの設置・導入をご検討の方、是非ご覧ください。

 (受注生産 お届けまで1ヶ月~2ヶ月)

 

ご不明な点ありましたらお気軽にお問い合わせください。

よろしくお願いいたします。

【型番】KE-40

【寸法】天板300mm/高さ550mm(~680mm)/蹴り板400mm

【重量】27kg

【特徴】・置くだけてお使いいただけます。

    (※分解して発送します。到着後、組み立てをお願いします)

    ・比較的軽量なので移動が容易にできます。

    ・全て金属製です。

 

【価格】¥70000+税 (※送料無料 ・直接引き取りもできます)

 

【販売】器ギャラリーハセガワ(イベント期間中のみ)

    enfab陶芸ラボ(陶芸教室開催日のみ)

【製造】(有)金剛製作所

     創業60年の産業用機械の精密板金加工会社。

     スリーブカット機、研磨機などの機械製造。

 

     器ギャラリーハセガワ併設。

 

蹴りロクロ 組み立て方法

動画ではネジを軽く締めていますが、きつく締めてください。

 

芯がブレた場合はもう一度やり直してみてください。

多少ブレてもロクロ挽きで芯出しができれば問題ありません。

 

蹴る部分の色はベージュ又はグレーになります。

 

重さは27kgです。

 

(注)各箇所手の挟み込みに注意してください。

 

蹴りロクロー1

今回使用したものは天板が木になっています。

販売のものは鉄製です。木がよろしければ丸く切った木の板を

ボンドや両面テープで貼って使用してください。

 

下の部分はガタツキ防止用のネジがあります。

動画では何もしていないので少しカタカタしています。

 

粘土を置く時、動画では天板が木なので水をつけています。

鉄の場合は水はつけずに置いてください。(粘土が滑ります)

蹴りロクロー2

テスト挽きです。

 

ドベ受けがないので水が飛びます。エプロンなどをして対策をしてください。

(慣れるとあまり飛ばなくなります)

蹴りロクロー3

足が少し浮くぐらい(蹴り板の高さぐらい)のイスを使うと右左蹴りやすいです。

蹴った足があたらないようにベンチ形が使いやすいです。

 

水が飛ぶとこんな感じになります。↓